ばるのふりーきっぷ

気になったことをまとめた日記です!

お花見のブルーシートのサイズは?人数によって使い分け!

   

 

桜の木の下でブルーシートを広げて宴会をしているのが、お花見の光景ともなっています。

景観としてはゴザの方がいいのかもしれませんが、ブルーシートは折りたたみができて、持ち運びにも便利なので欠かせないものになっていますね。

今回は、お花見に必要なブルーシートのサイズなどについて調べてみました。

スポンサードリンク

一人どれくらいのスペースが必要?

あまり狭くても快適ではないし、広すぎると周りの人たちの迷惑にもなるので、最適な大きさのブルーシートを選びたいものです。

家族4人(大人2人、子供2人)で、桜をみながらお弁当を食べるくらいだったら、一人一畳くらいのスペースで十分でしょう。

でも、会社の人たちや友だちが集まって、10人くらいで宴会をするとなると、移動したりするし、荷物や料理なども増えるでしょうから、一人1.5畳くらいの余裕は欲しいですね。

 

ちなみに、たたみ1畳は地域によってちょっと違いますが、だいたい182cm×91cmくらいです。

なので、この大きさを基準にしてブルーシートを選ぶのがいいと思います。

ブルーシートのサイズは?

ブルーシートはサイズによって何種類かありましたが、花見などのレジャー用となるとこの中から選んでみるのがいいのではないでしょうか?

1.8×1.8m = 約2畳

3.6×2.7m = 約6畳

3.6×3.6m = 約8畳

3.6×5.4m = 約12畳

4.5×5.4m = 約15畳

5.4×7.2m = 約24畳

5人くらいだと3.6×2.7m、10人くらいだと3.6×5.4mサイズあたりがいいですね。

値段は?

ブルーシートの値段はサイズで異なりますが、厚さによっても違ってきます。

厚いと丈夫なんですが、その分重くなってしまいます。

ブルーシートの厚さは、#1100、#2000、#3000と表示されいることが多いようです。

 

ちなみに3.6×5.4mの値段をAmazonで調べみたらこんな感じでした。

#1100 1048円(送料520円)

#2000 1804円(送料無料)

#3000 2689円(送料無料)

値段は、2016年2月15日のものです。

花見やレジャー用としては、#2000以上のものを選んだほうがいいでしょう。

どこに売っている?

ブルーシートは、ホームセンターで販売しています。

ホームセンターでは、人数や用途を店員さんに伝えて購入すれば、ベストでしょう。

あとは、Amazonや楽天、ヤフーショッピングでも購入が可能です。

ブルーシートとサイズで検索すれば、商品が出てきます。

例「ブルーシート 3.6×5.4m」のような感じですね。

100均にもあるけど

ちなみに、100均にはブルーシートではなく、レジャーシートが売っています。

私がみたものは、90センチ×140センチで、1人から2人用と書いてありました。

大人数になると100均のものでは、無理ですね。

スポンサードリンク

場所取りのトラブルにも気をつけたい

人数が多いからといって、あまり大きなサイズのブルーシートを広げてしまうと周りの人たちに迷惑になる可能性があります。

花見のシーズンともなれば、このような感じで混雑することにもなるし、場所取りで他のグループとトラブルになることもあります。

 

なので、多少狭くなっても仕方ないということも考えておいたほうがいいでしょう。

もし、トラブルなんてなったらせっかくの楽しいお花見が、台無しになってしまうことも。

早く来て場所を確保したとは言っても、ある程度の譲り合いは必要です。

ブルーシートだけだとお尻が冷たい

お花見のシーズンは3月下旬あたりで、多少は暖かくなっているんですが、ブルーシートを地面に敷いてその上に座るとお尻が冷たく感じることもあります。

なので、座布団などを用意するのもいいですね。

特に、女性やご年配の方が多いときは。

ブルーシートが禁止のところもある

お花見をする場所によっては、景観が損なわれたり、桜の木にも影響があったりするので、ブルーシートが禁止されているところもあります。

例えば、京都の丸山公園はブルーシートが禁止で、ゴザがレンタルされているそうです。

このような例はあまりないとは思いますが、一応お花見をするところに確認しておいたほうがいいかもしれませんね。

まとめ

お花見のブルーシートについてでした。

一人1畳から1.5畳のスペースがあれば、快適に過ごせると思うので、それに応じてブルーシートのサイズを選ぶのがいいですね。

おすすめはちょっと大きめのサイズを用意しておくことだと思います。

迷惑にならなければ広く使って、混雑していたらブルーシートを適当なサイズに折り曲げて使うという方法もありますね。

 - 花見

スポンサードリンク

  関連記事

関連記事はありませんでした

     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です