ばるのふりーきっぷ

気になったことをまとめた日記です!

ゴールデンウィークの沖縄の気候は?服装は暑さと寒さ対策も!

   

ゴールデンウィークに沖縄旅行に行くけど服装はどうしたらいいんでしょうか?

4月下旬から5月の初めだから、まだ春の陽気で極端な暑さはないと思いがちですが、初めて沖縄にいくとしたらどんな気候なのか想像できないですよね。

今回は、ゴールデンウィークの沖縄の気候について、私の体験談を含めてお話したいと思います。

スポンサードリンク

沖縄のゴールデンウィークの気候!

ゴールデンウィーク中の沖縄の気候はどうな感じなのか?調べてみました。

2015年は、最高気温が26度くらいで、最低気温が18度か19度くらいでした。

天気は、4月26日日曜日から5月5日まで、晴れや曇りだった日が7日間、雨が降ったのが3日間でした。

雨が降ったからといって、極端に気温が下がったということはなかったみたいです。

詳しくはこちらからご確認くださいと⇒ゴールデンウィークの沖縄の天気2015

 

2015年は比較的天気には恵まれた感じはありますが、逆に2014年は雨が降った日が多かったみたいです。

ゴールデンウィークの沖縄の天気は、雨が多いときや少ないときもあって、年によって違うので、梅雨入りの時期なども確認しておいたほうがいいかもしれません。

スポンサードリンク

服装はどうする?

例年のゴールデンウィークの天気を調べてみると気温的には寒くもなく、極端に暑くもなくという感じで過ごしやすそうな印象じゃないでしょうか?

でも、実際に私が行った沖縄の体験談からすると想像以上に暑かったり寒かったりして、大変な思いをしました。

なので、晴れたとき用と雨が降ったとき用の服装を準備しておいたほうがいいです。

 

私はゴールデンウィークが始まる1週間くらい前に沖縄にいったことがありました。

3泊4日の日程で、1日目は晴れて、2日目は朝から雨、3日目と4日目は晴れだった記憶があります。

 

沖縄だから4月下旬でも暑いだろうと思って、Tシャツと半袖のシャツしか持って行っていませんでした。

1日目はTシャツの上に半袖シャツ1枚で快適に過ごせました。

でも、2日目雨が降った日は、思った以上に体感気温が低く、肌寒い思いをしました。

 

車を借りていろんなところを回っていたんですが、それでも外に出ると寒さを感じてしまったので、現地で長袖のシャツを買いました。

なので、雨が降る日は長袖のシャツが1枚あったほうが寒い思いをしなくてすみます。

 

3日目はモノレールを使って首里城へ行ったりしましたが、この日は夏のように暑かったんです。

半袖シャツを着ていたけど、それでも暑くてTシャツ一枚で過ごせました。

 

そして、注意したほうがいいのが、日焼けです。

日中は日差しがここまで強いとは気づかな方んですが、観光を1日終えてホテルに帰って、シャワーを浴びて、洗面所の鏡で自分の顔をみると真っ赤に日焼けしていました。

うそ!こんなことになっていたんだとそのときはすごく驚きました。

 

ずっと、外にいたからゆっくりと日焼けしていって、気づいたときには真っ赤になっていたんですね。

あのときは、帽子を被っていなかったことも後悔しています。

それから、サングラスもあったほうがいいですね。

思った以上に日差しも強いです。

 

服装についてまとめると、晴れた日はTシャツ1枚でも過ごせるけど、雨が降った日は、長袖のシャツを用意することをおすすめします。

夜は半袖でも過ごせるけど、長袖があったほうがいいかもしれませんね。

 

あとは、日焼け対策として、帽子とサングラスも用意したほうがいいです。

顔が真っ赤になってけっこう恥ずかしい思いをしたので、日焼け対策は絶対にしてくださいね。

まとめ

南国気分で行ってしまうと私のように、雨が降ったときに寒い思いしたりするので、半袖だけを持っていくのはあまりおすすめはしません。

ゴールデンウィークの沖縄といっても真夏というわけでないので、過ごしやすいので旅行をするにはいい時期だと思います。

 

せっかくの沖縄旅行なので、服装や日焼けには気をつけて楽しんで来てください。

 - ゴールデンウィーク

スポンサードリンク

  関連記事

関連記事はありませんでした

     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です