ばるのふりーきっぷ

気になったことをまとめた日記です!

ナオミとカナコの出演者について原作との違いはあるの?

   

1月からドラマで始まるナオミとカナコの出演者をチェックしてみました。

原作とドラマでは設定に違いはあるんでしょうか?

あるとしたらなぜ違うのか?いろいろと検証してみました。

スポンサードリンク

ナオミとカナコの出演者は?

ドラマでは、広末涼子さんと内田有紀さんが主人公です。

小田直美・・・広末涼子さん
服部加奈子・・・内田有紀さん
服部陽子・・・吉田羊さん
服部達郎・・・佐藤隆太さん
内藤慎吾・・・宮川一朗太さん
浅井伸之・・・山路和弘さん
手塚快晴・・・犬飼貴丈さん
李朱美・・・高畑淳子さん
林竜輝・・・佐藤隆太さん

原作との違いは?

まず、主人公の二人の年齢差が気になりますね。
原作では、直美と加奈子は大学の同級生で、それからの付き合いなんですよね。
年齢は、29歳という設定でした。

広末涼子さん、35歳、内田有紀さん、40歳と5歳差あるんです。
お二人は、今はすごい女優さんになりましたけど、デビューしたときには数年が差がありますね。
内田有紀さんは私が高校生のときで、広末涼子さんは大学生くらいのときくらいよくテレビでみるようになっていました。

とは言っても、広末涼子さんも内田有紀さんも、最近になってもいい雰囲気の女優さんなのでドラマでは同級生として違和感なくみることができると思います。
お二人ともアイドル時代からみてきていただけに、もうこんな年齢になったんだとちょっと驚きました。

まあ、同じ年齢の女優さんを二人主人公としてキャスティングするのもけっこう難しかったんでしょうね。
ドラマでは主人公を誰がやるかによって、視聴率や話題性も全然違ってくるので。
私にとっては、広末涼子さんと内田有紀さんは前から好きだったので、ナオミとカナコで一緒にドラマに登場するのはうれしいですね。

スポンサードリンク

一番の違いは吉田洋さん?

佐藤隆太さんが演じる服部達郎の姉として登場するのが、吉田洋さん。
原作との一番の違いはここなんですよね。
原作では、姉では妹なんです。

この妹は兄思いで、そうとうしつこく直美と加奈子を追い詰めて行くんです。
この妹さえいなければ、直美と加奈子は平穏な日々が送れていたのにと同情してしまうこともありました。
本当は、犯罪を犯しているのは、直美と加奈子なので、真相を突き詰めていく妹には正義があるんですが・・・

ドラマでは、設定が妹から姉に変わっていました。
しかも、原作で陽子が登場するのは、後半の加奈子の章からなんですが、ドラマでは第1話から登場することが分かりました。
公式サイトに第一話のあらすじが載っていたので読んでみると、直美が加奈子のマンションに行ったところに、陽子いたんです。

確かに、吉田洋さんをキャスティングしておいて、ドラマの後半から登場するなんて有り得ないですよね。
吉田洋さんは今では人気の女優さんだし、シーズンごとにドラマが新しくなる度に、いろいろと出演されています。
ナオミとカナコがドラマ化するときに、起用したかった女優さんであることは間違いないでしょう。

吉田洋さんが出演するにあたっては、妹役では難しいから、姉に変更したんでしょうね。
私は、このやり方はいいと思っています。

だって、陽子はかなりのやり手だし、原作でも色濃く描かれている印象でした。
直美と加奈子に対抗できていたのは、陽子で第三の主人公といっていいかもしれないです。
なので、存在感が強い演技ができる吉田洋さんが陽子をやるのは、合っている気がしています。

その他で気になったのは、 浅井伸之と手塚快晴です。
原作では登場しなかった名前なんです。
私の予想では、陽子が雇った探偵じゃないかと思うんですが、どうでしょう?

 - ナオミとカナコ

スポンサードリンク

  関連記事

no image
ナオミとカナコの原作あらすじが3分で分かるようにまとめ!

2016年の1月から始まるドラマ「ナオミとカナコ」。 一体、どんな内容なのか気に …

no image
ナオミとカナコのネタバレ結末!追い詰められた二人のラストは?

ナオミとカナコの原作のネタバレありの結末についてです。 ナオミの章では、計画がう …

no image
ナオミとカナコ原作の登場人物について!

ナオミとカナコは、小田直美と服部加奈子が中心となって物語が進んでいきます。 その …

     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です